井上整形外科 胃腸内科クリニック

松原市の整形外科・胃腸内科・内科・外科 井上整形外科 胃腸内科クリニック

〒580-0044 大阪府松原市田井城1-1-1 デイリーカナート松原1F
TEL 072-334-5050
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

 

大腸内視鏡検査のすすめ

早期発見・早期治療で大腸癌を治しましょう

大腸癌は、食生活の変化や高齢化に伴って増加し、今後も患者数は増加し続けると予想されます。しかし、大腸癌は早期発見・早期治療を行えば、ほぼ完治します。ただし、早期での自覚症状に乏しく、見過ごしがちなのが現状です。そこで、早期発見・早期治療に有効なのが、便潜血検査や大腸内視鏡検査などの定期的な検査です。大腸内視鏡検査は、患者様の負担が比較的軽く、とても有効です。大腸癌検診で便潜血陽性と判定されたら、即大腸内視鏡検査を受けてください。定期的な検査で大腸癌の早期発見・早期治療につとめましょう。

 

増加し続ける大腸癌死亡者数

 2010年のがん死亡者数は35万3499人です。このうち、大腸癌(結腸癌・直腸癌)は、肺癌、胃癌に次ぐ3番目で、死亡者数は4万4238人となっています。








 癌で亡くなった人の死亡率を見てみると、大腸癌は男女ともに年々高くなっており、なかでも女性では2004年以降、死亡率1位になっています。

 (厚生労働省「平成22年人工動態統計(確定数)の概況)より


 

 

50歳からが要注意!お酒・タバコも要注意!


 年齢別に見た大腸癌(結腸癌・直腸癌)の患者数は、50歳代付近から増加し始め、65歳から79歳でピークになっています。

 

 
  また、大腸癌の発症には、加齢の他、食事や飲酒、喫煙、運動などの生活環境の影響が強いと考えられています。


こんな症状が長引くようなら、即検査を受けましょう! 

排便に関する症状
  • 便潜血が陽性
  • 血便
  • 便が細くなる
  • 残便感
  • 下痢と便秘を繰り返す
お腹に関する症状

  • 腹痛
  • 腹鳴
  • 腹部膨満感
  • 痛みを伴うしこり
その他
  • 吐き気・嘔吐
  • 貧血気味

 

大腸癌検査を受けましょう

 自覚症状がある場合や、自覚症状がなくても大腸癌検診で便潜血陽性を指摘されたら、大腸癌精密検査を受けましょう。
 大腸癌精密検査には、
①注腸造影検査(レントゲン)
②注腸検査+S状結腸内視鏡検査
③全大腸内視鏡検査
の3通りの検査法があります。それぞれ一長一短がありますが、簡単で、見逃しが少なく、組織検査やポリペクトミーの出来る③の全大腸内視鏡検査がお薦めです。
 全大腸内視鏡検査は、痛い、しんどい、おなかが張ってつらいなど、怖いという先入観をもたれがちですが、内視鏡器具の改良や、炭酸ガス送気装置などで、「案外楽でした。」と言われる方が多いです。また、希望される方には鎮静剤を使い、寝ている間に終わるように出来ます。

 

大腸内視鏡検査は井上整形外科胃腸内科クリニックで

 当クリニックでは、阪南中央病院で上部・下部併せて毎年1000件以上の内視鏡検査を担当し、大腸内視鏡検査は400件以上施行しています名誉院長が検査させて頂きます。
 富士フイルムメディカルの最新の内視鏡システムを使用し、炭酸ガス送気装置でおなかの張りの少ない、安全で苦痛のない優しい検査を心がけています。また、ご希望の患者様には、鎮静剤を使って寝ておられる間に検査させて頂きます(ただし検査後は、お車や単車、自転車の運転は出来ません)。
 検査は、主に土曜日の午後に予約制で行っています。お急ぎの場合などは、平日の夜診でも可能です。ご相談下さい。
 予約方法は、①クリニックの診察を受けられて予約して頂く、②かかりつけの先生に予約して頂く、③電話で予約して頂く、です。
 とにかく、症状が有り、もしやと思われたら、すぐに当クリニックにご相談下さい。


 

検査前日に食べない方が良い食品類

早期発見、早期治療で大腸癌を治しましょう。